fbpx

第3章:ペン入れ

下描きが終わればいよいよペン入れです!

とくにアナログの場合は緊張しがちです、デジタルはいくらでも直しが出来るのでその点では気が楽ですが・・・

緊張感が合ったほうがいい場合もあります。

どちらにせよ楽しんで描くことが大事です。

アナログの場合は基本的に市販の原稿用紙に製図用インクでGペンなどのペン先にインクを含ませ描いていきます。

モノクロ原稿の場合だと「製図用インク」ですが、後から水彩で色を塗りたい場合は必ず「証券用インク」を使用してください。

アナログペン入れで一番注意したいこと

インクの瓶は原稿用紙の上の方には置かないこと!

利き手側のサイドに置くようにしてください、私は今までに何人もアシスタントさんに来てもらいましたが、その3割くらいの人(おもに初心者さん)にインクを原稿用紙の上にひっくり返されたことがあります。

急いで描いてるときなどはとくにやってしまいがちなことなので注意しましょう。

 デジタルで一番気をつけたいこと

デジタルならデータ消去や間違って上書きや、急なパソコン・ソフトのフリーズなどによる保存忘れが痛いですね。

 動画で学ぶ

※只今準備中です~m(_ _)m

PAGE TOP